学生による100キロウォーキングイベント「ガク100」が開催されました!

学生による100キロウォーキングイベント「ガク100」が開催されました!

こんにちは!
びわ100広報局です!

爽やかな3人の写真から失礼いたします!
今回は、びわ100を盛り上げるために学生の実行委員メンバーが実際に「100」キロを歩く
というイベントを開催致しました!!
(プレイベントにも関わらず、本気過ぎますね。笑)

今回は100キロを実際に歩いてみたいという学生からの声から開催される事が決まりました。
とは、言うものの当日の朝は緊張が凄かったらしいです、、、

まず最初は本番さながら「参加賞」を出してもらうことから始まります!
なんと、この参加賞は実行委員の手作りで手の凝りようが伺えますね!

さて、参加賞を頂いた学生は各自ウォーミングアップを始めます!

ピリピリと緊張感が高まってきます。

ここから、「30時間」という今まで味わったことの無い長さで、自分と向き合い続ける事になります。

さぁ、行こう

100キロという果てしない道のり

最初は、和気あいあいと楽しくゲームをしながら歩いていました!

まだまだ、元気な様子

最初のCP(チェックポイント)は32キロ地点です!

そして、「7時間後」、、、

やっと、最初のCPに到着です!

ここまでの道のりですでに学生の顔に疲れが見え始めてますね、、、

ここのCPではおにぎりや栄養ドリンクを飲んで、エネルギーを回復させます!

ただ、ガク100はまだまだ始まったばかり

ここから次のCPを目指します。

さて、ここから「5時間後」、、、

 

ようやく、「53キロ」地点に到着致しました!

この時点で日付をまたいでいました、、、

ここまで来ると足を引きづりだす学生も

内心、ちょっと諦めそうになる学生も

 

そんな学生達を支えるのは

実行委員のメンバー達です!

30時間、フル体制で学生の挑戦を支えます。

おにぎりや、ドリンク、様々な差し入れを持ってきてくださったり全力で学生をサポートします。

 

そして、学生達は次の目的地に向かって歩き始めます。

15時間近く歩き続けている彼らの背中に朝ほどの元気は、、、

 

そして、そこからさらに「5時間」歩き続け

第3CPへ、「70キロ」地点到着です。

 

そして、ここでは一人ひとりマッサージを受け、ウォーキングポールを使い始めます。

限界はとうに超えている、ただ学生たちはどうにかゴールをしたいとの一心です。

そして、また学生たちは歩みつづけます。

もう少し、もう少しでまだ見たことのない自分に会うことが出来る

 

とうとう、90キロ地点に到着です!

いやぁ、ここまでは本当に長かった、、、

彼らの素晴らしいところが、一番疲れているはずのタイミングでまだ笑顔を見せて互いに励ましあっているところです。

 

さぁ、ラスト10キロ噛み締めていこう!

 

彼らが描いた、ここまでの道のりはただ、楽しいだけではなく

過酷で、しんどくて、途中で投げ出したくなってしまうものだったかもしれません。

それでも、彼らがここまで歩くことが出来たのはたくさんの笑顔が支えてくれたからです。

 

彼らが歩いているのを見て、応援してくれた沢山の方々

こんな、笑顔に溢れた写真や

 

彼らの周りには常に沢山の方々がいました。

 

そして、もちろん実行委員の皆様いてこその道のり

 

 

 

 

 

こんな風に魂が抜けたときもありましたが。笑

 

常に、仲間がそばにいてくれました

 

そして、ついに、ついに

33時間かかって、ようやくこの瞬間がやってきました!!

 

「ガク100」ゴールです!!

ゴールをした彼らはこう語ってくれていました。

「今まで、たくさんのしんどいことを経験してきましたが、正直今回の経験が一番しんどかったです。ただ、今の心境としては、自分に出来ない事は無いと思えています」

「今回の経験は一生で忘れることの出来ないものとなると思います。この経験はサポートしてくださった皆様がいてくれたからです!本当にありがとうございました!」

 

次回は本番の、びわ100が待っています!!

本番のゴールは今回歩いてくれた学生を中心にして、盛り上げていきます!

それでは、当日ゴールでお会いしましょう!!

 

YouTubeチャンネル