辻博子さんが語る『びわ100と私』

実行委員会メンバーが語る『びわ100と私』。今回は、チームE(営業)担当の辻博子さんです(^_^)/

 

みなさん ビワイチ じゃなくて、ビワヒャク をご存知ですか?

長浜スタート、南下して南郷洗堰を渡り雄琴温泉まで、二日間かけて琵琶湖の周りを100km歩くというイベントです。
今年は10月15日(土)~16日(日)。3回目の大会です。
昨年の第2回大会には300名以上が参加され、250名が完歩されました。
なんと完歩率68.3%! すごいですね~(*^-^*)

このびわ100の参加費は1万5千円です。
「高い!」と言われる方も結構おられますが、
横浜マラソン参加費が約1万6千円、大阪マラソンが約1万2千円、
どちらも運営費は「行政負担あり」なことを考えると、
行政の補助金なしで、完全民間で運営しているびわ100参加費の1万5千円は「妥当」なのではないでしょうか?!

しかも、いただいた参加費の一部から「琵琶湖に寄付」が行われています☆☆
昨年も100万円が琵琶湖の環境保全に取り組む団体に寄付されました。
素晴らしいですね!!!

つまり、びわ100参加者は、
・琵琶湖の美しい景色を楽しみながら、体にイイコトできる!
・100km歩行で(途中リタイヤとしても挑戦したことで)イイ感動を味わえる!
・参加することで、琵琶湖の環境にイイコトができる!
と、3つのイイコトを同時に体験できるんです(*^^*)

大会運営は「サポーター」スタッフによって支えられています。
そしてなんと、このサポーターも参加費2千円を負担してボランティアを務めます。
だから、びわ100大会関係者は「素晴らしい方」ばかりです!

私も、過去2回、サポーターとして関わりました。tuji
驚いたことに、サポーターとしての参加でも、多くの感動をいただくことができたんです(*^^*)
仲間と共に協力し合う感動、
感謝される感動、
そして、ゴールした完歩者からの感動のおすそ分け。。。

ただいま、歩行者と共に、サポーターとして一緒に大会をつくりあげてくださる方々を募集しています!
大会2日間のうち、空いているお時間、4~5時間、大会運営にご協力をお願いします!!
共に感動しましょう!!!

自分へのチャレンジ・・・ 琵琶湖への寄付・・・
きっと今年もいろんな思いを持った方々が参加されることでしょう!
歩行者も、サポーターも、今年も素晴らしい方ばかりでしょう!

今、ボランティアの実行委員たちの手で、準備が進められています。
既に、歩行者として300名以上の方にお申込みをいただいているようです。
ぜひ、皆さんも、歩行者またはサポーターとして、ご参加くださいね~(*^^*)

8月2日 夜7時~ 草津まちづくりセンターで説明会をやります。歩行者として、サポーターとして、ご参加をお考えの方、ぜひお気軽に、説明会にいらしてください(*^^*)
お待ちしていますね~♡

こばやし-3