太田副実行委員長が語る『びわ100と私』

びわ100実行委員が語る『びわ100と私』 今回は、びわ100カットでおなじみの副実行委員長が語ります♪
以降、月・水・金で順次アップ予定です(^_^)/

 

【びわ100でヒーローになりませんか?】

平成28年10月15日(土)16日(日)に開催の第3回びわ100の副実行委員長の太田です!

私は、今から3年前に石川県チャリティー100㎞歩行大会に参加させて頂き、滋賀県や石川県の方々からたくさんお応援を頂き、完歩することができました。いろんな方から凄いと言われ、なんかヒーローになった気分でした!

そのときの「感謝・感激・感動の体験」と大会に向けてびわ湖沿いを練習で歩いた時に感じた「びわ湖の素晴らしさ」、この2つがきっかけで、石川県を一緒にあるいた北野さんと寺田さんと「びわ湖で100㎞歩行大会をやろう!!」と誓い、その翌年に第1回びわ100を開催させて頂きました!

びわ100は、石川100の大会の主催者であった株式会社オハラの小原社長や石川100の実行委員の皆様から大会運営のノウハウを教えて頂いたこと、そして、歩行者・サポーター・様々な協力企業団体・実行委員の皆様のご協力のおかげで、第1回大会、第2回大会と無事に開催させて頂き、今回の第3回びわ100につながっています!太田-2

今回も、2日間徹夜で歩くという過酷なチャレンジをされる歩行者の方々は、もちろん、そんなチャレンジをする歩行者を応援し支えるサポーターの方々に、他では得難い体験をして頂けると嬉しいです。

歩行者の方は、チャレンジすることを決め、大会に向けて練習や準備をすることに価値があると思います。完歩するかどうかは関係ありません。完歩されたらもちろん素晴らしいですし、ぎりぎりまで耐えて限界まで歩きリタイヤされる方も素晴らしいです。むしろ、リタイヤを経て、次の大会で完歩される方を本当に尊敬します。この大会は、歩行者が全員主役であり、ヒーローです!!

サポーターの方には、過酷なチャレンジをする歩行者を応援し、支えることにより、きっと感じて頂けるものがあると思います。私自身は、自分が歩行したときよりも、サポーターとして参加したときの方が感動しましたし、人を支える喜びを大きく感じさせて頂きました。今回も、私はサポーターの皆様と一緒に「ヒーロー」のサポートをさせて頂きます。

第3回びわ100でも、みなさんと一緒に参加し、「新たな自分」に会えると確信しています(^^)

太田-1.jpg

第3回びわ100のよろしくお願いいたします!