「未分類」カテゴリーアーカイブ

山本慶人さんが語る『びわ100と私』

実行委員会メンバーが語る『びわ100と私』。今回は、チームA(安全)の山本慶人リーダーです(^_^)/

【びわ100と私】

びわ100との関連は昨年の第二回びわ100実行委員、医療班スタッフリーダーとして関わらせて頂いた事からです。

私は接骨院を経営、特にスポーツ障害を中心にしております。昨年あるイベントで第一回びわ100の北野実行委員長のお話を聞くことがありました。

その時初めてびわ100存在を知り感銘を受けてびわ100に携わりたい!

とその場で申し出て、医療の分野でサポートするという事で参加させて頂きました。

私自身、滋賀県で県外の方が多く来られるイベントはそれまで

昔からの大人気「鳥人間コンテスト」
音楽イベントの「イナズマロック」

ぐらいしか認識がありませんでした。

何か他にも滋賀の良さを知ってもらえるイベントがあって携ることが出来、

なおかつ地元の為になるものがあれば…と漠然と考えていました。

そこで、この「びわ100」。なんと琵琶湖の周りを中心に100キロを歩く…。

最初はなんて無茶苦茶なイベントだと思いましたが、よくよく話を聞いていくとその魅力に引き込まれていきました。

琵琶湖1周が約200km、その約半分を歩きます。滋賀と言えば、琵琶湖!!

日本一の大きさを誇る湖としては知れた存在です。滋賀は知らないけど、琵琶湖は知ってる…なんて人もいるくらいです(^_^;)

少し前は県名を琵琶湖県?にしようかと言うような議題が出た程です。

しかし、それだけの知名度がある琵琶湖をアピールして県外から来て頂く事は少ない現状です。

このびわ100で滋賀の魅力の一つである琵琶湖を思う存分味わいながら100キロ歩行という非日常の中で感動体験が出来るというのは滋賀にしか出来ないオンリーワンだと自負しています。

なおかつ、その感動体験が出来るだけではなく、参加費自体が琵琶湖の保全などに使われる団体への寄付に使われます。こんな良いイベントなかなかないと思います!

私は今回も、歩行される方が完歩できますように身体のメンテナンス、応急処置などを通じてフォローしていきます。

皆さんも、「歩行者」「サポーター」として参加して頂き、共に感動体験を共有しまんか?

お申し込みは、申込書と誓約書の提出が必要です。資料は、ホームページからダウンロード、または郵送も可能です。

ホームページは、https://biwa100.com

メール、info@biwa100.com

お申込み後、事務局からのお振込依頼にご対応頂いて、正式な申込になります。

先着順となりますので、お早目にご応募して下さい♪( ´▽`)

第3回ポスター-3

山本晶子リーダーが語る『びわ100と私』

実行委員会メンバーが語る『びわ100と私』。今回は、チーム(営業)の山本晶子リーダです(^_^)/

 

【びわ100とわたし】

第3回びわ100実行委員チームE(営業)リーダーの山本晶子です。
現在、公式歩行練習会など担当させていただいています。
よく雨が降るので自他認める雨オンナです(^ ^)

私は、第1回は実行委員、第2回は歩行者として、参加させていただきました。
びわ100立ち上げのとき、15000円の参加費でどれだけの人が来てくれるのか、とても心配していたのを覚えています。結果、150名の募集のところ、220名の参加、サポーターも目標人数に達し、名もなき大会をこんなにも多くの方に支えていただいている!絶対大会を成功させよう!その一心の2日間でした。
当日、97キロチェックポイントを担当、歩いてこられる歩行者の皆さんは時間を追うに連れ、痛々しい姿で一歩一歩必死に足を踏み出されて、限界を何度か超えられたのだろうなと苦痛の表情の中、それでも尚、足を出されて前に進まれる姿に、心から感動しました。

人を支援する側が心震わされる、びわ100ってなんや!?!?
この人たちの見てる景色はどんなものなんやろう?
自分が100キロ歩いたら、どんなことを感じ、どんな景色が見えるのか?
どんな自分に出会えるのか??
この時点で、来年は、歩こう!!!!って、決めてたのでしょう。

運動ゼロ、筋肉ゼロの私。
練習もしていない段階で、第2回申込書にサイン。なんだかわくわく!大好きなチョコレートを絶ち、びわ100に臨みました(o^^o)yamamoto
当日は、4人のチームで歩きました。杉本先生、千恵美ちゃん、千恵美ちゃんの弟のこうじくん。50キロくらいまでは練習もしていたし、楽しく歩いていました。
その後は4人それぞれ痛みの出方や心の葛藤の時が違い、みんなと一緒に歩を進めることが、辛い時もありましたが、、、
何がなんでもみんなで歩ききる!
そう心に決め、約30時間で完歩しました(^ ^)
私、やれた!!!
そして、自分のことよりも仲間がゴールできたことに感動しました。
応援してくださるすべての方に、自分の身体に、両親に感謝しました。
琵琶湖や自然の美しさに感激しました。
まさに、感謝感激感動。

100キロ歩くような人は特別な人、、、、。
びわ100に出会う前の私はそう決めつけていた。
どんなことでも、あの人やからできる、、、、って、やる前からやらない言い訳する臆病な人間でした。
yamamoto2びわ100にチャレンジしたことで、私が得たもの。
それは、『一歩踏み出す勇気』
いろんなこと。まずやってみる。
私の可能性は、未来は、びわ100を通して広がったのでした(o^^o)

だから今年はびわ100に恩返したい!の気持ちで実行委員会に入りました(^ ^)

第3回びわ100は10月15日16日です。
2日間全力でサポートさせていただきます!
ぜひぜひご参加お待ちしています♪

お申し込みは、申込書と誓約書の提出が必要です。
資料はホームページからダウンロード
または郵送も可能です。
ホームページは、https://www.biwa100.com
メールは、info@biwa100.com

お申込み後、事務局からのお振込み依頼にご対応いただいて、正式なお申込みになります。
先着順となりますので、お早めにお申込みください(≧∇≦)

まだまだ迷っておられる方は、
8/2 19:00に草津まちづくりセンターにいらしてください(^ ^)
びわ100のこと、もっと詳しく知ることができますよ♪
こちらも、お待ちしています\(^o^)/

平川直央子さんが語る『びわ100と私』

実行委員会メンバーが語る『びわ100と私』。今回は、チームC(チェックポイント)担当の平川直央子さんです(^_^)/

 

【びわ100と私】
みな様、びわ100の感動体験は、歩行者の方だけのものだと思っていませんか?
実は、サポーターのみな様も大いなる感動体験を得ることができます。

hirakawa2昨年、初めて実行委員をさせて頂き、第2チェックポイントのサブリーダーを致しました。
第2チェックポイントは、47km、約半分の地点。歩行者の方々も疲れが出て、先に進むか、リタイアするかの瀬戸際の所。

こちらでは、サポーター一丸となって、最高の笑顔とハイタッチで歩行者を明るくお出迎え、「いってらっしゃ~い」と元気に送り出しをし、歩行者が元気に、気持ち良く歩いて頂く事を心がけました。(時には、ハグも!)


余裕でチェックポイントを通過していく方、足を引きずりながら疲れ切って来られる方、
歩行者の方々の頑張っている姿を見させていただき、パワーと勇気を頂きました。
スタートからゴールまで、チェックポイントを回り、サポーターとの連帯感と感動を味合う事ができました。hirakawa3

嬉しい事に、各チェッポイントでお会いした方から、笑顔に癒された、元気が出たなどなどの感想を頂き、サポーター身寄りに尽きるお言葉に、再び感謝、感激、感動が湧き上がりました。

今年も実行委員としてチェックポイントを担当致します。
明るい笑顔とハグでみな様をお迎えいたします。
ぜひ、びわ100の歩行者、サポーターとしてご参加されませんか。ご一緒に素晴らしい仲間と感動を分かち合いましょう!

https://www.facebook.com/biwa100/

前川久幸さんが語る『びわ100と私』

実行委員会メンバーが語る『びわ100と私』。今回は、チームR(ルート)担当の前川久幸さんです(^_^)/

 

🌟僕にとってのびわ100🌟
最初、100キロ歩くって知った時、「できるのかな⁉️」と思いました。
いざ歩いてみると、やっぱり凄い道のり、体力も限界に近づき、気持ちも落ちていき・・・でも唯一の支えは、仲間と一緒に歩いた事、maegawa3お互い励ましあいながら、「絶対みんなとゴールする」と強く思う事が心の支えでした。
ほとんど寝ていない状況のなか、もう後、25キロ一番辛い時に、もう一度勇気をもらった事があります‼️
それは、休憩地点で5分程度寝た時に、家族が応援してる夢をみました。家族の為にもカッコ良いとこみせんとあかん‼️と感じ、仲間、家族の支えがあり、感動のゴールができました‼️maegawa


このびわ100は、単に100キロ歩くのではなく、100キロ歩いた中で、本当に大切な事を沢山気づく事ができました😄


一緒に歩いた仲間や、応援をしてくださった方々、家族に本当に感謝感謝です。最高の宝物です
その事に気づく事ができ、びわ100、歩いて本当に良かったです😊⭐️

辻博子さんが語る『びわ100と私』

実行委員会メンバーが語る『びわ100と私』。今回は、チームE(営業)担当の辻博子さんです(^_^)/

 

みなさん ビワイチ じゃなくて、ビワヒャク をご存知ですか?

長浜スタート、南下して南郷洗堰を渡り雄琴温泉まで、二日間かけて琵琶湖の周りを100km歩くというイベントです。
今年は10月15日(土)~16日(日)。3回目の大会です。
昨年の第2回大会には300名以上が参加され、250名が完歩されました。
なんと完歩率68.3%! すごいですね~(*^-^*)

このびわ100の参加費は1万5千円です。
「高い!」と言われる方も結構おられますが、
横浜マラソン参加費が約1万6千円、大阪マラソンが約1万2千円、
どちらも運営費は「行政負担あり」なことを考えると、
行政の補助金なしで、完全民間で運営しているびわ100参加費の1万5千円は「妥当」なのではないでしょうか?!

しかも、いただいた参加費の一部から「琵琶湖に寄付」が行われています☆☆
昨年も100万円が琵琶湖の環境保全に取り組む団体に寄付されました。
素晴らしいですね!!!

つまり、びわ100参加者は、
・琵琶湖の美しい景色を楽しみながら、体にイイコトできる!
・100km歩行で(途中リタイヤとしても挑戦したことで)イイ感動を味わえる!
・参加することで、琵琶湖の環境にイイコトができる!
と、3つのイイコトを同時に体験できるんです(*^^*)

大会運営は「サポーター」スタッフによって支えられています。
そしてなんと、このサポーターも参加費2千円を負担してボランティアを務めます。
だから、びわ100大会関係者は「素晴らしい方」ばかりです!

私も、過去2回、サポーターとして関わりました。tuji
驚いたことに、サポーターとしての参加でも、多くの感動をいただくことができたんです(*^^*)
仲間と共に協力し合う感動、
感謝される感動、
そして、ゴールした完歩者からの感動のおすそ分け。。。

ただいま、歩行者と共に、サポーターとして一緒に大会をつくりあげてくださる方々を募集しています!
大会2日間のうち、空いているお時間、4~5時間、大会運営にご協力をお願いします!!
共に感動しましょう!!!

自分へのチャレンジ・・・ 琵琶湖への寄付・・・
きっと今年もいろんな思いを持った方々が参加されることでしょう!
歩行者も、サポーターも、今年も素晴らしい方ばかりでしょう!

今、ボランティアの実行委員たちの手で、準備が進められています。
既に、歩行者として300名以上の方にお申込みをいただいているようです。
ぜひ、皆さんも、歩行者またはサポーターとして、ご参加くださいね~(*^^*)

8月2日 夜7時~ 草津まちづくりセンターで説明会をやります。歩行者として、サポーターとして、ご参加をお考えの方、ぜひお気軽に、説明会にいらしてください(*^^*)
お待ちしていますね~♡

こばやし-3

浅野裕史さんが語る『びわ100と私』

実行委員会メンバーが語る『びわ100と私』。今回は、チームC(チェックポイント)担当の浅野裕史さんです(^_^)/

 

【びわ100と私】
今年で、びわ湖チャリティー100km歩行大会は、3回目を向かえます!
琵琶湖1周が約200km。
その半周を、歩きます。

私は、家業がミネラルウォーターの製造販売ということから「お水の提供をしましょうか?」と、いうところからお手伝い(サポーター)として参加しました。
私が、サポートしたのは70km地点のチェックポイント(CP、歩行者さんの疲れMAX。声かけて励ますことすら、気が引けます。
そんな中、先輩の中野さん、井内さん、新庄さんがCPに来られました。みなさん、肉離れ、腰痛で「もうあかん!」と言いながら、少しだけ休んで次のCPに向かわれました。
その後ろ姿が、カッコよく、今でもはっきりと覚えてます。
体力の限界を超えて、ただひたすらゴールに向けて一歩一歩進む。
そのひたむきな姿に、応援する者にも力が入ります。
今年は500人の参加される予定です。

私は今回も、歩行される方が、完歩できますように、cpの運営と、各CPをフォローしています。

完歩された方は、その後、仕事も生活も、充実しているといわれます。一線を越えた方は、完歩以上に何かを得ておられるんでしょうね。

皆さんも、「歩行者」「サポーター」として、ぜひ参加してみて下さい。

共にチャレンジしましょう(≧∇≦)🎶

お申し込みは、申込書と誓約書の提出が必要です。資料は、ホームページからダウンロード、または郵送も可能です。
ホームページは、https://biwa100.com
メール、info@biwa100.com
お申込み後、事務局からのお振込依頼にご対応頂いて、正式な申込になります。
先着順となりますので、お早目にご応募して下さい。

中山リーダーが語る『びわ100と私』

実行委員が語る『びわ100と私』。今回は、びわ100完歩請負人こと、チームR(ルート)の中山リーダーです!

《びわ100と私》

びわ100には第1回大会に歩行者として参加させていただきました。そもそも、100kmも歩くクレージーな大会は全国的には密かなブームで、いずれは滋賀県でも100km歩行大会を開催できればいいなぁ~なんてなんとなく考えている時期でした。そんな時、FBで石川県の100km歩行大会に参加するって言う人がいる・・なんとその人、今度は滋賀で100km歩行大会を主催するという・・こんな感じで自分と同じ考えを持った人がここ、滋賀にもいることに驚きました。すぐさまFBにてお友達申請をし、すぐに、第1回びわ湖100kmチャリテ-歩行大会へ参加の決意をFBで投稿したのを懐かしく思います。今やびわ100にどっぷり(^^)FBで繋がった友達は、今やかけがえのない仲間となり、第2回大会からは実行委員委員会として、微力ながら大会運営のお手伝いをさせてい頂いております。
で、実際に100km歩いてみてどうだったか?
実は、私、大津市でウォーキング専門ショップの店主として、日頃からお客様と一緒に歩いたりしてたもんですから、絶対にリタイアできないというプレッシャーが重くのしかかっていました。色々とウォーキングについて、語ることはできますが、100kmなんて当然歩いたこともなく、でも周囲からは中山さんなら楽勝でしょうなんて言われる。そんな重圧から毎週のように長距離を歩いていました。でも100kmは想像以上に過酷でした。とにかくリタイヤできない、完歩したい!という思いは強くありました。なんとかこの過酷な状態から抜け出したい一心でゴールへと一歩一歩進んで行きました。そしてゴール!参加前は、どんな感動がまっているだろう?ゴールで泣いてしまうかも、なんて想像していましたが、実際は苦痛から開放された安堵感・・・こんなもんか?って言う感じでした・・人それぞれのゴールがあると思います。私の率直な感想はこんな感じでした。nakayama


第2回大会は実行委員会として参加させていただく傍ら、自らの経験を活かし《完歩請負人!》として多くの人たちと練習会などをともにしました。そして、大会当日、一緒に練習した人たちが苦痛に顔を歪めながら必死に歩いている姿を間近に見ていると自分の事以上に感動がこみ上げて来ました!これが私にとってのびわ100の本質かもって思いました。自分が、完歩するのは当たり前、それよりも関わった人たちをサポートしてなんとか完歩できるようお手伝いする。そのことのに対しての感動のほうが何倍も大きかったです。
石川100kmを完歩したクレイジーな3人の発起人から始まった『びわ100』毎年、回を重ねるごとに、その輪は大きくなっています!実行委員会、歩行者、サポーターどんな関わりであれ、あなたにとってかけがえのない感動とかけがえのない仲間と出会えるチャンスです!

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています(^^)
nakayama2完歩請負人が絶対完歩させますよ!

もちろんサポーターとしての参加もOK!
あるかなくても感動体験が得られるので特かもね(^^)

お申し込みは、申込書と誓約書の提出が必要です!資料はHPからダウンロード、または郵送も可能です!
ホームページは https://biwa100.com
メールは info@biwa100.com

お申込後、事務局からのお振込み依頼にご対応頂いて、正式な申込になります!

※先着順となりますので、お早めにご応募して下さい!

田中直秋さんが語る『びわ100と私』

 

びわ100実行委員が語る『びわ100と私』。今回は、チームC(チェックポイント)担当の田中直秋さんです!

 

【びわ100と私】

2年前、滋賀で100kmウォークの企画をされている同じ時、私は水口青年会議所のまちづくり委員会委員長として旧東海道の3宿場(石部宿、水口宿、土山宿)を歩く
『東海道浪漫歩行〜未来・夢あかり30kmウォーク〜』を企画していました。

開催日も1週間違いだったので、共に滋賀での長距離のウォーキングイベントを成功させようということで情報交換やお互いのお手伝いをさせていただきました。

私は甲賀市に住んでます。正直、びわ100にはあまり関わりが薄い地域といえます。

しかし、だからこそ、びわ100に関わる方々に甲賀のことをもっと知ってもらいたいという思いで、昨年は前川保志花さんの号令のもと第1チェックポイントにて甲賀ブースを設え、忍者と忍者鍋で参加者皆さんの疲れを癒し、エールを注がせてもらいました。

私が感じる『びわ100』の凄いところ…

ひとづくり的な要素はもちろんのことですが、まちづくり的な要素にかなりの可能性を感じています。

長距離を歩くことでその地域のことをあまり知らなくても、滋賀、びわ湖って言葉を聞く度にカラダに染み付いた歩いた思い出が愛着心、郷土愛のようなものとして刻み込まれます。
滋賀を、びわ湖を好きな人がどんどん増えていく…。
そうすると、これからのまちづくり活動はもっとやりやすくなる。

これぞ究極の地域活性です。

そんなびわ100に3年目も声をかけていただいたことに感謝です。

是非、参加してみて下さい。
ホームページは http://biwa100.com/

糀谷相談役が語る『びわ100と私』

びわ100実行委員が語る『びわ100と私』。今回は、糀谷相談役です。

 

【わたしとびわ100】
~ザワザワしている方々へ~

第1回目より、実行委員として関わらせていただいております。

第1回大会では、「営業部長」。右も左も分からないまま、受講料1.5万円を
支払っていただこうとする暴挙の中心メンバー(笑)。おまけに、サポーターにまで0.2万円を支払ってもらおうとする始末。
どうなることやらと思いましたが、多くの方のご賛同をいただきながら、最高のスタートを2年前に切ることが出来ました。

私自身は、第1回びわ100の2ヶ月ほど前に、石川県にて100キロ体験をさせていただきました。見事、完歩は出来たものの、私も皆さんと同様「もし、出来なかったらどうしよう?」「リタイアしたら、面目ないなぁ」など、いろんな
心のさまを体験したことを今もよく覚えています。

出来ない自分に真正面に出会う。
決断しながらも不安になる自分に出会う
不安と闘いながら、コツコツ完歩に向けて努力する自分に出会う

こんなことが体験できます。

私見ですが、びわ100というのは、「自分の殻を破る体験」だと捉えています。
人それぞれの体験があるでしょうが、みな一様に、今まで知らなかった自分
「未見の我」に出会う本当に良い機会だと思っています。

こんなことが、出来る自分に出会う
不安になりながらも決断できる自分に出会う
コツコツ、がんばれる自分に出会う

良い大会です。

先日、今回、参加される方が「びわ100の情報を知って(心の)”ザワザワ”が止まないんです!」と言っておられました。びわ100チャレンジで成長した自分に出会わられるのだろうなぁと思って聞いておりました。

今年は、本部役員としてびわ100を支えさせていただきます!

ぜひ、まだ見ぬ自分に出会ってください!

寺田リーダーが語る『びわ100と私』

びわ100実行委員が語る『びわ100と私』。今回は、チームC(チェックポイント)担当の寺田リーダーです。

 

『僕とびわ100』
びわ100って、『鮭』みたいなんです。
例える必要は無いんですが、しかも『鮭』

遡ること(鮭だけに)、二年と九ヶ月前。
たまたま、『びわ100』なるイベントが、僕の誕生日に開催され、地元を歩くと言うことで、一念発起して参加しました。
その頃は、色々重いものを抱えていました(^O^)
無事にゴールして願いを叶えるイメージをしていたんですが、歩行前に、その目標自体が無くなり、あえなく単なる独り歩行者として参加しました。
テクテク🚶🚶テクテク🚶🚶
テクテク🚶🚶…ズキンズキン
テク・テク🚶🚶ズキズキズキーン
あかん、やばい右足首が動かない。曲がらない。
60㌔。CPでもなく、独り歩行者。
ひっそりとしたリタイアでした。
ほぼ感動なし。
俺の足はどうなるんだろ?
翌日、整形外科に駆け込むと『単なる疲労、骨折も筋も問題なし』
せめて、せめて、湿布だけでもと処方していただく。
名誉の負傷さえ認められませんでした。
それから半年。
何故か、『第2回びわ100実行委員』に緊急招集。
広報や決起バーベQ大会、当日は本部運営と『自分の活躍の場』を頂きました。
そして第3回は、自ら実行委員に関わらせて頂き、チェックポイント担当リーダーとして、運営に関わり、歩行者の安全と感動の応援に関わらせて頂いてます。
長々の前振りから、何故『鮭』なのか?
①鮭は、捨てるとこなく全て役に立つ
そう、びわ100も、歩行者🚶サポーター🚶実行委員など関わる全ての人に有意義な特別な感動が与えられる。
②鮭は、産まれた川から、大海(大会)に出て、命を懸けて、元の川にまで泳いでくる。
まさに、歩行者は『鮭』です。
大会で色んな経験を積んで、大きくなってゴールを目指して来るんです!
③鮭のシーズンは秋🍁
そう!びわ100も秋10/15~16

でしょう(^O^)
そんなこんなの『僕のびわ100』
最後まで、拝読有難うございます🙇

*こんな方に絶対オススメです!!
今の自分を変えたい!
何かにチャレンジして自信をつけたい!
自分をもっと成長させたい!
もっと良くなりたい!

是非、参加してみて下さいね

お申し込みは、申込書と誓約書の提出が必要です!資料はHPからダウンロード、または郵送も可能です!
ホームページは https://biwa100.com
メールは info@biwa100.com

お申込後、事務局からのお振込み依頼にご対応頂いて、正式な申込になります!

※先着順となりますので、お早めにご応募して下さい!