実行委員会メンバーが語る【びわ100と私】

今回は、ルートチーム 川村卓也さんです(^^)/

 

【びわ100と私】
第4回びわ100実行委員の川村です。
今日は、「びわ100と私」というテーマで、私が初めてびわ100にチャレンジしたときのことを振り返ってみたいと思います^_^

私がびわ100に初めてチャレンジしたのは2年前で、当時の職場の同僚から突然誘われ何のことか分からずに軽いノリで参加を決意。のちにチャリティーであることを知る(^^;;

歩行とはいえこれまでの人生で100キロも歩いたことがないので、大会の数ヶ月前から練習がてら自宅から琵琶湖まで10キロ歩行を何度か繰り返していました。

しかし、大会の直前に風邪を引いてしまい🤧当日は病み上がりで参加をすることに・・・ただ、当日の雰囲気でアドレナリンが出すぎたのか、スタートから数時間は一緒に参加した職場の同僚とともに先頭集団を引っ張る快歩ぶり😄

東近江市に入ったくらいから徐々に足の膝裏の筋肉が痛くなり、一歩を踏み出すのも苦痛に…
そして30キロ地点の地元近江八幡市内のコンビニであえなくリタイアすることに💧

とまあ、終わってみれば開始数時間でのあっけない幕切れになりました。ただ、一緒に参加をした同僚は無事に完歩してくれました😆

こんな感じであっさりとリタイアしてしまった私ですが、3点ほど教訓があります
・直前までの準備が大切
・カラダが痛くなったらムリをしない
・会話をしながら楽しく歩くこと

あれから2年経った今でも良い思い出です^ ^
今回はサポート役として、ルートのチェックや案内板の準備等、皆様の安心・安全なルート整備に努めて参ります!
ということで、皆様のチャレンジを心よりお待ちしております😄

そして来年はリベンジ完歩したいと思います(笑)