実行委員会メンバーが語る『びわ100と私』。今回は、チームC(チェックポイント)担当の平川直央子さんです(^_^)/

 

【びわ100と私】
みな様、びわ100の感動体験は、歩行者の方だけのものだと思っていませんか?
実は、サポーターのみな様も大いなる感動体験を得ることができます。

hirakawa2昨年、初めて実行委員をさせて頂き、第2チェックポイントのサブリーダーを致しました。
第2チェックポイントは、47km、約半分の地点。歩行者の方々も疲れが出て、先に進むか、リタイアするかの瀬戸際の所。

こちらでは、サポーター一丸となって、最高の笑顔とハイタッチで歩行者を明るくお出迎え、「いってらっしゃ~い」と元気に送り出しをし、歩行者が元気に、気持ち良く歩いて頂く事を心がけました。(時には、ハグも!)


余裕でチェックポイントを通過していく方、足を引きずりながら疲れ切って来られる方、
歩行者の方々の頑張っている姿を見させていただき、パワーと勇気を頂きました。
スタートからゴールまで、チェックポイントを回り、サポーターとの連帯感と感動を味合う事ができました。hirakawa3

嬉しい事に、各チェッポイントでお会いした方から、笑顔に癒された、元気が出たなどなどの感想を頂き、サポーター身寄りに尽きるお言葉に、再び感謝、感激、感動が湧き上がりました。

今年も実行委員としてチェックポイントを担当致します。
明るい笑顔とハグでみな様をお迎えいたします。
ぜひ、びわ100の歩行者、サポーターとしてご参加されませんか。ご一緒に素晴らしい仲間と感動を分かち合いましょう!

https://www.facebook.com/biwa100/