びわ100実行委員が語る『びわ100と私』。今回は、糀谷相談役です。

 

【わたしとびわ100】
~ザワザワしている方々へ~

第1回目より、実行委員として関わらせていただいております。

第1回大会では、「営業部長」。右も左も分からないまま、受講料1.5万円を
支払っていただこうとする暴挙の中心メンバー(笑)。おまけに、サポーターにまで0.2万円を支払ってもらおうとする始末。
どうなることやらと思いましたが、多くの方のご賛同をいただきながら、最高のスタートを2年前に切ることが出来ました。

私自身は、第1回びわ100の2ヶ月ほど前に、石川県にて100キロ体験をさせていただきました。見事、完歩は出来たものの、私も皆さんと同様「もし、出来なかったらどうしよう?」「リタイアしたら、面目ないなぁ」など、いろんな
心のさまを体験したことを今もよく覚えています。

出来ない自分に真正面に出会う。
決断しながらも不安になる自分に出会う
不安と闘いながら、コツコツ完歩に向けて努力する自分に出会う

こんなことが体験できます。

私見ですが、びわ100というのは、「自分の殻を破る体験」だと捉えています。
人それぞれの体験があるでしょうが、みな一様に、今まで知らなかった自分
「未見の我」に出会う本当に良い機会だと思っています。

こんなことが、出来る自分に出会う
不安になりながらも決断できる自分に出会う
コツコツ、がんばれる自分に出会う

良い大会です。

先日、今回、参加される方が「びわ100の情報を知って(心の)”ザワザワ”が止まないんです!」と言っておられました。びわ100チャレンジで成長した自分に出会わられるのだろうなぁと思って聞いておりました。

今年は、本部役員としてびわ100を支えさせていただきます!

ぜひ、まだ見ぬ自分に出会ってください!