北川 徹さんが語る『びわ100と私』

びわ100実行委員が語る『びわ100と私』。今回は、チームB(備品)担当の北川徹さんです。

月・水・金で順次アップ予定です(^_^)/

『私とびわ100』

びわ湖チャリティー100km歩行大会は今年、3回目を向かえます!

第1回大会、私は55km地点のチェックポイントでサポーターとして参加しました。歩き出して10時間から17時間の通過地点となると疲労もかなりのものだと思います。足を引きずりながら歩く方、ここでリタイアされる方、惜しくも時間内に到着出来なかった方、数々のドラマを目の当たりにしました。そんな歩行者の皆さんへの、私の拍手も掛け声も次第に大きくなり、勇気と元気をいっぱい貰うことが出来ました。
ここで「来年は自ら歩こう~!」と決意しました!

そして昨年の第2回大会、私は高校の同級生と二人で歩きました。彼女には随分、助けられました(笑)100kmをただ歩く、それがこれほど厳しいものとは思いませんでした。サポーター・実行委員の皆さん、応援に来てくれた友人、快く送り出して迎えに来てくれた家族、最後まで私を引っ張ってくれた(笑)同級生の彼女、多くの皆さんの支えで25時間40分で完歩することが出来ました。歩ききったゴールでの感激、感動は未だかつて経験したことのないものでした。

「感謝・感激・感動を知り、希望・勇気・自信へ 繋ぐ体験」まさにこれが『びわ100』です!

第2回大会のあと、今年の2月には初フルマラソンに挑戦し、5時間20分で完走出来ました。遅くてもいい~絶対走り続けよう~びわ100での体験があってこその完走です!
今年10月の三度目の正直(笑)で大阪マラソンが当たりました。4時間30分を目指します!

びわ100への関わり方は色々です。サポーターも良し、歩行者も良し。勝ち負けを競うものでもありません。

確かに100kmを歩く!未知の世界かも知れません。結果はどうであれ。100km先には何が見えるのか?先ず、挑戦してみることが大切です!!

第3回大会は実行委員として、チームB=備品を担当しています。歩行者の方を全力でサポートするように努めていきます。こうして、びわ100に関われることが嬉しく、ワクワクしています!

ご一緒に『びわ100』を楽しみましょう~(^o^)/

太田-1

お申し込みは、申込書と誓約書の提出が必要です。
資料は、ホームページからダウンロード、または郵送も可能です。
ホームページ http://biwa100.com
メール info@biwa100.com

お申込み後、事務局からのお振込依頼にご対応頂いて、正式な申込になります。
先着順となりますので、お早目にご応募下さいね!