びわ100実行委員が語る『びわ100と私』。今回は、チームK(広報)担当の近藤リーダーです。

月・水・金で順次アップ予定です(^_^)/

 

【びわ100と私】

実行委員会で、チームK(広報)のリーダーを担当させて頂いております、近藤です。チームKでは、FBや公式ホームページの管理を中心に、広報全般を担当させて頂いております。

『びわ100』自体は、第1回の時から名前くらいは聞いてましたが、さして興味もなかったので、「へー、物好きな人たちもいるんだね」くらいに思っていたんです。
そんな『びわ100』と私の出会いは、昨年、小林実行委員長と一緒に参加した小豆島100キロ。
先に語られているように、小林実行委員長は、めちゃくちゃ厳しい小豆島を見事に完歩されましたが、100キロ歩くということを、侮っていた私は、あえなく途中リタイア。。。

SONY DSC

この小豆島に、早朝から小林実行委員長を応援にしにだけ来られたお二人が、北野さんと、太田さんでした。
帰りのフェリーで、第3回の実行委員いかがですか?と言ってもらったんですが、小豆島まで応援に駆けつける、びわ100実行委員の絆に、少々うらやましさを感じながらも、その場で、「はい」とは言えませんでした(^_^;)。

だって、初対面の私に、その辺に自生しているオリーブを、やたらと食べろと勧める北野さんと、一週間後には、『びわ100』カットになっていた太田さん。
こんなお二人が実行委員長を務められた委員会に参加したら、絶対大ケガすると思うじゃないですか(笑)。
その後も、なるべく関わらないように努めていましたが、小林実行委員長からの打診に、「NO」の選択肢があるはずもなく、現在こうして、FBをチェックする毎日を過ごしております。

でも、ちょっと後ろ向きで参加させて頂いた実行委員会でしたが、『びわ100』を本当に楽しみながらも、真剣に取り組むメンバーが集う実行委員会の熱さはハンパなく、少しづつ、熱を帯びてきた私がいるんです。

kondou
普段、それぞれにお仕事をされているメンバーが、それぞれに『びわ100』に全力で取り組んでいます。
それもこれも、参加して頂くみなさまに、『感謝・感激・感動』を体験していただくためなんです。

参加しようか迷っておられるあなた、舞台は私たちが整え、あなたを全力でサポートさせていただきます。
あなたは、『びわ100』に申し込み、練習を重ねて、参加してくだされば、きっとまだ見ぬ自分に出会う、素晴らしい体験が待っているはずです。

主役は、あなたです!!!。
ぜひ、この感動体験への第一歩を踏み出してください!

お申し込みは、申込書と誓約書の提出が必要です。
資料は、ホームページからダウンロード、または郵送も可能です。
ホームページは、https://biwa100.com
メールは、info@biwa100.com

歩くのはちょっと…というあなた。サポーターになって、一緒に『びわ100』を盛り上げましょう!!!
多くの皆様のお申し込みをお待ちしております!

そして、この『びわ100』実行委員をやり切ったとき、きっと私にも感動体験が待っているんでしょうね♪。